遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会

相続や遺言の相談窓口。遺産相続から相続放棄、遺言まで全国ネットの専門家が解決します。
TEL03-6452-9889

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会 相続・遺言に関する相談は今すぐこちらへ

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会相続問題連絡協議会[HOME] >> 相続 - 財産リストはどんなときに必要か?

我々は、資産家向け相続裁判サービスは出来ません。資産家の方はどうぞ弁護士か信託銀行にご依頼下さい。
しかし、協議による相続については、断然お徳な価格で手続処理が可能です。

小冊子「失敗しない!相続と遺言」--相続手続きの基本をわかりやすく紹介した小冊子です。¥1,080[税込]

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会
遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会メールマガジン配信中(購読無料)
失敗しない遺言と相続
知って得する生前贈与。財産調査・財産分与・遺産分割手続きのための公正証書遺言の作成から相続放棄・土地対策まで相談内容の一部始終を大公開!!最新の相続時清算課税制度も情報公開中

配信先メールアドレス: 詳細  by まぐまぐ

相続 - 財産リストはどんなときに必要か?

遺言を書く前に財産リストを

自分で築いた財産なら、本人は全体を把握しているでしょうが、その財産を金銭に換算した場合の評価や、相続に伴う課税の有無などが気にかかると思います。まして、遺言で財産の分配を記載する場合は、それぞれの評価を知った上で分配しないと、後々トラブルの元にもなりかねません。

そのためには、自分の全財産をリストアップすることをお勧めします。このリストがあれば、いざ相続が発生した段階でも、残された家族にとって貴重な資料となります。

大きく事業をしている人の場合は、顧問税理士などの関係者が財産の全容を把握しているでしょうから、それらの専門家に一任すればすみます。

財 産 リ ス ト

種類

内容

時価

調査・評価

現金預金 現金 50万円
預貯金 1450万円 通帳・証書
証券類 A株式 1000万円 証券取引所終値
自宅土地 200? 8000万円 路線価等
自宅家屋 固定資産税評価額
その他 自動車 50万円
合計 10550万円

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会相続・遺言に関する相談は今すぐこちらへ

相続人は正確なリストを作成

遺言通りに相続を進める場合でも、故人が失念している財産や負債があることも考えられます。まして、遺言書も財産リストもない場合は、相続人たちが被相続人の財産と負債を調べなくてはなりません。仮に、この作業を専門家に委任しても、自宅に保管してあるはずの不動産の登記簿謄本や権利書、預貯金や株券の証書などは、すべて相続人が調べなくては始まりません。

財産リストの作成は、遺産分割協議の前提でもあり、その後の相続税申告の必要があるか否かを判断する大事な資料となりますから、できるだけ早めに、しかも正確に作成する必要があります。

相続税申告では、「金銭に換算できるすべての財産」を対象としますから、土地や建物からテレビや家具まで、あらゆる財産が対象となります。

まず、自宅の土地は所有しているのか借地なのか、他人に土地を貸していないか、などを調べます。これらの財産は、土地登記簿謄本や固定資産税評価証明書など、所有権を示す書類は大事に保管されているでしょうから、それらを手がかりにして調べることができます。

同様に、預貯金や生命保険、有価証券などは、通帳や証書を見ればその有無はわかります。また、現役で働いていた企業人の場合は、死亡退職金・功労金などの支給額など、企業から連絡があるはずですから、それらもリストに加えます。さらに、個人事業をしていた場合は、事業用の設備や器具等もリストアップします。
また、不動産収得や事業用の借入金残高、あるいは他人への貸付金や売掛金の存在も調べます。

こうした作業で見落としやすいのが、生前贈与財産です。相続開始の3年以内に贈与した財産は、分割協議や相続税申告の際にも相続財産に含めることになっていますから、贈与の資料や申告書などから確認が必要です。

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会相続・遺言に関する相談は今すぐこちらへ

財産の評価方法

リストアップした財産から、それぞれを金銭換算する評価が必要になります。

このうち生命保険金や退職金は、一定額が相続財産から控除されます。その控除後の金額と現金と預貯金は、そのまま計上しますから、評価に戸惑うことはありません。

初めての方にとって厄介なのは、土地の評価方法です。土地の評価方法は数種類ありますが、相続の際には「路線価方式」と「倍率方式」という、2つの評価方法がとられます。該当する土地の評価方式は、その土地を管轄する税務署などでわかります。

この「路線価方式」は、宅地の面する路線ごとに決められた路線価を基として評価する方法で、主に市街地に用いられています。土地に面する道路ごとに、1平方メートル当たりの単価が定められていますから、評価する土地の面積に路線価をかけて評価額を出します。
しかし、正方形の土地は少なく、台形や奥行きの長い形状をしていたり、単純に計算できないケースがほとんどです。その場合は、土地の形状ごとに定められた修正値を用いて算出しますから、専門家に依頼する必要が出てくるかもしれません。

倍率方武」は、固定資産税の評価額に、一定の倍率を掛けて評価する方法です。倍率は該当する税務署で調べることができます。
その他の財産とされる高額な絵画や骨董品、庭園などがある場合は、その存在はある程度わかりますが、その評価は専門家に依頼しなければなりません。

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会相続・遺言に関する相談は今すぐこちらへ

INDEX
HOME[相続問題連絡協議会]
相続・遺言に関する相談
相続体験談「3つのお手玉」
遺言
  財産のある人も借金のある人も遺言を
なぜ遺言が必要なのか?
遺言を残す3つの形式とは?
遺言に記載できること、出来ないこと
成年後見制度と遺言の関係は?
相続手続
  相続人になれる人は誰?
誰が法定相続人?
内縁の相手に残したいときは・・・
遺留分を侵害する遺言はどうなる?
相続が開始されたら?
相続開始から申告・名義変更まで
遺言は勝手に開封すると・・・
相続放棄は3ヶ月以内に
上手な遺産分割協議の進め方
財産をリストアップする
財産リスト作成から相続税申告まで
遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会財産リストはどんなときに必要か?
相続税の基礎控除とは?
リストから相続税を計算してみると
相続税の申告期限は?
相続財産の処分手続き
不動産の手続き
動産類の手続き
相続財産の処分手続き
相続手続処分費用比較表
相続問題連絡協議会について
相続・遺言に関する相談
小冊子「失敗しない!相続と遺言」
特定商取引に関する表示
人材募集
行政書士、協議会スタッフ、執筆者など
※詳しくは応募要綱をご覧下さい。
 今月のオススメ 
皆さんに是非オススメしたい書籍や小冊子、CD-ROM、VTRなどです。

相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録

Copyright (C) 相続問題連絡協議会. All Rights Reserved

相続問題連絡協議会の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。