遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会

相続や遺言の相談窓口。遺産相続から相続放棄、遺言まで全国ネットの専門家が解決します。
TEL03-6452-9889

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会 相続・遺言に関する相談は今すぐこちらへ

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会相続問題連絡協議会[HOME] >> 相続・遺言 - なぜ遺言が必要なのか?

我々は、資産家向け相続裁判サービスは出来ません。資産家の方はどうぞ弁護士か信託銀行にご依頼下さい。
しかし、協議による相続については、断然お徳な価格で手続処理が可能です。

小冊子「失敗しない!相続と遺言」--相続手続きの基本をわかりやすく紹介した小冊子です。¥1,080[税込]

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会
遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会メールマガジン配信中(購読無料)
失敗しない遺言と相続
知って得する生前贈与。財産調査・財産分与・遺産分割手続きのための公正証書遺言の作成から相続放棄・土地対策まで相談内容の一部始終を大公開!!最新の相続時清算課税制度も情報公開中

配信先メールアドレス: 詳細  by まぐまぐ

相続・遺言 - なぜ遺言が必要なのか?

相続にしても贈与にしても、一定以上の財産を受け取った人が税金を払いますが、相続の場合は、財産額が大きければ大きいほど、納付額もハンパではありません。

財産を引き継いだはいいけれど、相続税の納付のために借金を抱える羽目になったというのでは、財産を残した人が恨まれかねません。

また、「親が死ぬと兄弟仲が悪くなる」という例を、あなたも見聞きしたことがあると思います。相続がきっかけとなって、文字通り「兄弟は他人の始まり」になるケースもあります。

一方、父親が手広く事業をしていて、裕福な生活を営んでいたのが、父親の突然の死によって事業は中断。残された財産を調べてみたら、事業のための借金だらけで、自宅も担保に入っていて、とても財産と呼べるものは残っていない。しかも、父親が借入の保証人になっていて、残されたのは借金だけ。この場合、残された家族に借金が相続されることもあります

しかし、相続人が法的な手続きで相続の放棄をすれば、借金の返済義務を負わずにすみます

このように、財産がある人はもちろん、借金のある人も残された家族に混乱を招かないように、遺言で財産状況と、その処分方法を書き残したいものです

長い生涯をかけて一所懸命働いて築いた財産も、遺言がないために、残された肉親同士が遺産争いを繰り広げるようでは、天国にいるはずの本人もやりきれなくなることでしょう。そのためにも、財産のある人は、生前に自分の財産の行方を定めた遺言を作成することが、後々のトラブルを防ぐ有効な手段になります。

また遺言は、本人がこの世で残す最後の意思表示でもありますから、法律に基づいて細心の注意のもとに作成することをお勧めします。

遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会相続・遺言に関する相談は今すぐこちらへ

INDEX
HOME[相続問題連絡協議会]
相続・遺言に関する相談
相続体験談「3つのお手玉」
遺言
  財産のある人も借金のある人も遺言を
遺産相続、相続放棄、遺言の相談、相続問題連絡協議会なぜ遺言が必要なのか?
遺言を残す3つの形式とは?
遺言に記載できること、出来ないこと
成年後見制度と遺言の関係は?
相続手続
  相続人になれる人は誰?
誰が法定相続人?
内縁の相手に残したいときは・・・
遺留分を侵害する遺言はどうなる?
相続が開始されたら?
相続開始から申告・名義変更まで
遺言は勝手に開封すると・・・
相続放棄は3ヶ月以内に
上手な遺産分割協議の進め方
財産をリストアップする
財産リスト作成から相続税申告まで
財産リストはどんなときに必要か?
相続税の基礎控除とは?
リストから相続税を計算してみると
相続税の申告期限は?
相続財産の処分手続き
不動産の手続き
動産類の手続き
相続財産の処分手続き
相続手続処分費用比較表
相続問題連絡協議会について
相続・遺言に関する相談
小冊子「失敗しない!相続と遺言」
特定商取引に関する表示
人材募集
行政書士、協議会スタッフ、執筆者など
※詳しくは応募要綱をご覧下さい。
 今月のオススメ 
皆さんに是非オススメしたい書籍や小冊子、CD-ROM、VTRなどです。


相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録

Copyright (C) 相続問題連絡協議会. All Rights Reserved

相続問題連絡協議会の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。